毎日ゴクンと飲み続けて安心|糖尿病はサプリで予防改善しましょう

笑顔の女性

糖質に気をつけよう

家族

生活習慣病の一つ

糖尿病は、体内のインスリン分泌量が低下することより起きます。インスリンは体内の血糖値を下げる作用があり、この働きが悪くなることで血糖値をコントロールすることができなくなります。糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病、特定のない糖尿病があります。生活習慣病といわれているは2型で、これは遺伝子的な要因に生活や食事の乱れが加わることでインスリン分泌が低下するものです。1型は、インスリン分泌が全くされていないかそれに等しい状態です。糖尿病患者中90%以上を2型が占めているとされますが、2型の原因は主に生活習慣なので改善しやすいものといわれています。糖尿病になってしまった場合は、その原因が何なのかを把握すると改善するにあたり良いと思います。

食事と間食

糖尿病を予防するためには、日頃から生活習慣や食事に気をつけることが大切です。糖質は甘いものに多いというイメージがありますが、清涼飲料水にも豊富に含まれていることを知らない人は少なくないようです。清涼飲料水には砂糖がものすごい量入っているので、予防や改善には大敵になります。糖質は蓄積し過ぎると糖尿病になるリスクが高くなりますが、生命維持にとって欠かせない栄養素です。ご飯・麺類・パンなどは主食として、1日に必要な量の範囲なら問題ありません。糖質は普通に食事を摂取している人であれば不足することはありませんが、間食を多くすると糖質が蓄積します。そのため、糖尿病予防の一番シンプルな方法として、まずは間食をしないことから意識してみましょう。